新しい化粧品はまずパッチテストを行う

美容

新しい化粧品はまずパッチテストを行う

肌に優しい化粧品、いわゆる敏感肌にも使える基礎化粧品は各美容メーカーから研究・開発されて、流通しています。
ですが、肌トラブルを起こさないわけではなく、パッチテストは必要な対策の1つです。
やり方を知らないという女性も多いようですが、かゆみ・腫れ・赤みなどの経験がある場合には、重要視すべきです。
反応を見るにも、適量を二の腕の内側に塗布し、24時間様子をみて、問題なければフェイスラインなどに少量を塗布し、再度確認します。
ですが、化粧品の種類によってパッチテストの方法が異なることを知る女性は少ないようです。
例えば、化粧水や美容液などの基礎化粧品に関しては、絆創膏を用いり、ガーゼ部分に塗り、肌の目立たない部分に貼り、2日ほど経過を観察します。
クレンジングや化粧石鹸の場合、精製水で薄め、同じように絆創膏に塗り、肌に貼って観察します。
パッチテストは、単に肌トラブルを回避させる手段だけではなく、敏感肌の美白に焦点を絞ることも期待できます。
少しのゆるぎに敏感であることが理解できれば、肌機能を正常に回復させることにまずポイントをおくことができます。
肌機能を取り戻すにはセラミドがカギを握り、セラミドを増やすことで、敏感肌の欠点となる美白化粧品の効き目の薄さも改善できます。
そのため、セラミドに働きかける基礎化粧品を厳選する手段としても、パッチテストは有効となります。

化粧品 PR
美容のプロがあなたの代わりに宣伝いたします

最新記事